映画「シノノメ色の週末」に三戸なつめが出演決定(2021年秋公開)

映画「シノノメ色の週末」に三戸なつめが出演決定(2021年秋公開)

映画「シノノメ色の週末」に三戸なつめが出演決定(2021年秋公開)

MAY.20.2021

NEWS

2021年秋公開の映画「シノノメ色の週末」に、三戸なつめの出演が決定しました。

本作は、三戸なつめが演じる安東雅美を含む、かつて女子校で放送クラブとして活動していた3人の女子たちの等身大の物語。

長編デビュー作『月極オトコトモダチ』が国内外で高い評価を受けた新鋭・穐山茉由監督の長編商業映画初作品で、監督の持つ会社員と映画監督というダブルワークの経験をもとに、社会で働く女性たちの心理を、独自の目線で鋭く柔らかくオリジナル脚本で描きます。

<三戶なつめコメント>
私は、カメラが好きでオタク気質な「アンディ」こと安東雅美を演じさせて頂きました。アンディは常にワクワクすることを考えている子で、演じていてすごく楽しかったです!
3人での撮影期間はとても居心地が良くて、本当に学生に戻った様な懐かしい気持ちでした。
見所は3人が誰もいない学校で好き放題するところ(笑)。いけないことしている時ってなんであんなにニヤニヤしちゃうんだろうってくらいみんな楽しそうなので表情にも 注目して見てほしいなと思います!

■映画「シノノメ色の週末」
出演:桜井玲香 岡崎紗絵 三戶なつめ/中井友望 山田キヌヲ/工藤阿須加(敬称略)
監督・脚本:穐山茉由
公開:2021年秋

女子校出身、自分の学生時代なんて、世の中で言われてる程尊くもない し、あまり興味もないし、正直忘れていた。とにかくいま目の前に起きて いる仕事での人間関係とか、お給料にやや見合わない今月のクレジットカ ードの引き落とし、結婚、漠然とある”女性らしさ”との距離感……そうし たものの方が、自分にとってのリアルだった。そんな中、取り壊されるこ とが決まった母校・篠の目女子高校の校舎で、在りし日の思い出を辿るた めに、数年ぶりに集まったシノノメ女子元放送クラブの 3 人。昔の女子 校生活を思い出しながら、互いに現在の不満をぶつけあい、週末の度に何 度も校舎を訪れるようになる。取り壊される校舎と色あせていなかった⻘ 春の日々̶̶。大人になりきれない 20 代女子たちの、等身大の物語。

©2021「シノノメ色の週末」製作委員会

RELATED POSTS

RELATED POSTS