きゃりーぱみゅぱみゅ、米国・ハリウッドでワンマンライブを開催!コーチェラに続き、満員の現地LAファンを魅了

きゃりーぱみゅぱみゅ、米国・ハリウッドでワンマンライブを開催!コーチェラに続き、満員の現地LAファンを魅了

きゃりーぱみゅぱみゅ、米国・ハリウッドでワンマンライブを開催!コーチェラに続き、満員の現地LAファンを魅了

APRIL.25.2022

REPORT

アメリカ・カリフォルニア州インディオで開催されている世界最大規模の音楽フェスティバル「コーチェラ2022」でGOBI STAGEのトリを務め、日・米でTwitterトレンド入りを果たしたきゃりーぱみゅぱみゅ
日本のみならず世界で人気を誇るきゃりーが、2018年以来およそ4年ぶりとなるアメリカでのワンマンライブ「KYARY PAMYU PAMYU LIVE IN LOS ANGELES 2022」を開催した。

配信も実施されたコーチェラのステージが世界中から賞賛を受けた直後の4月18日(現地時間)に、The Rolling Stones、Red Hot Chili Peppers、Katy Perry、Radiohead、Stevie Wonderなど名だたるアーティストが出演してきた歴史あるLA FONDA THEATREにて開催された今回のワンマンライブ。
ハリウッドのFONDA THEATREの周りには長蛇の列ができ、きゃりーぱみゅぱみゅのアメリカでのライブを心待ちにしたファンで会場は埋め尽くされた。

きゃりーの登場に合わせ満員の会場から大きな歓声が巻き起こると、アメリカでの初パフォーマンスをコーチェラで行ったばかりの「キャンディーレーサー」「どどんぱ」を披露。重低音で圧倒する怒涛の最新ダンスチューンに観客のボルテージは一気に最高潮に達し、会場はダンスフロアと化した。
圧巻の「どどんぱ」のパフォーマンスを終えると会場からは「Kawaii!!」、「I Love You!!」、「あいしてる!」など、数多くのきゃりーへの熱狂的ラブコールが送られた。
MCで今夜のLAワンマンを長く楽しみにしていたこと、新旧の楽曲を織り交ぜたセットを披露することを短く英語で伝えると、「インベーダーインベーダー」、「原宿いやほい」、「つけまつける」などの人気曲を披露。
続いて「CANDY CANDY」のイントロが流れると大きな歓声が巻き起こり、きゃりーの”Let’s sing together!”との呼びかけに応じ会場は大合唱に。

アメリカでのライブパフォーマンスが初となる最新曲「メイビーベイビー」を届けた後、海外でも大人気の楽曲「チェリーボンボン」、先日のコーチェラでも大歓声が巻き起こったYouTubeで1.8億回再生を超えるメジャーデビュー曲「PON PON PON」を披露し、ファンを魅了した。

続くMCでは、コーチェラ出演に関して言及。GOBI STAGEのトリに抜擢されたため、Billie Eilishと21 Savageと完全に出演時間が被り人が集まってくれるか不安だった、と心の内を明かし、合わせて会場に入りきらないほどのオーディエンスがGOBI STAGEに押し寄せたことに感謝を述べた。

最後の曲と告げ、メジャーデビュー10周年記念日にリリースした「原点回避」をパフォーマンス。感謝の気持ちを述べステージを去ると、会場中から鳴りやまないKyaryコールが巻き起こり、アンコールで代表曲「ファッションモンスター」を披露。

最後には “see you again” “see you next time”と、また会える日を想い歌う「ちゃんちゃかちゃんちゃん」を届け、「I love you!」と現地ファンへの愛を伝えステージを後にし、愛情に満ち溢れたきゃりーぱみゅぱみゅの4年ぶりのロサンゼルス・ワンマンは幕を閉じた。

コロナ禍後、久しぶりのファンからの歓声に懐かしさと喜びを滲ませたきゃりーぱみゅぱみゅは、4月23日に2週目となるコーチェラに出演した。

■KYARY PAMYU PAMYU LIVE IN LOS ANGELES 2022
開催日:2022年4月18日 ※現地時間
会場:LA FONDA THEATRE

セットリスト
1. キャンディーレーサー
2. どどんぱ
3. インベーダーインベーダー
4. にんじゃりばんばん
5. 原宿いやほい
6. ガムガムガール
7. つけまつける
8. CANDY CANDY
9. メイビ―ベイビー
10. チェリーボンボン –Extended Mix-
11. PON PON PON –Extended Mix-
12 かまいたち
13. 原点回避
En1. ファッションモンスター
En2. ちゃんちゃかちゃんちゃん

Photo by Maya Kuraki

RELATED POSTS

RELATED POSTS