塗料業界最大手「日本ペイントホールディングス(株)」と原宿から世界へカルチャーを発信する「アソビシステム㈱」が異業種タッグ!

塗料業界最大手「日本ペイントホールディングス(株)」と原宿から世界へカルチャーを発信する「アソビシステム㈱」が異業種タッグ!

塗料業界最大手「日本ペイントホールディングス(株)」と原宿から世界へカルチャーを発信する「アソビシステム㈱」が異業種タッグ!

MARCH.27.2018

NEWS

塗料業界最大手の「日本ペイントホールディングス株式会社」(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田堂哲志、以下、日本ペイントHD)と、“きゃりーぱみゅぱみゅ”やアートディレクター“増田セバスチャン”を筆頭に日本のカルチャーを世界に発信し続け、今年6月に創立10周年を迎えるエンタテインメントプロデュース会社「アソビシステム株式会社」(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中川悠介)は、両社が専門とする「ペイント」と「エンタテインメント」の力で街の活性化に貢献するため、異業種間のアライアンスによって、今後様々な空間プロデュースを推進して参ります。 その第1弾プロジェクトとして、3月24日(土)、アソビシステムが実行委員会の中心となり企画プロデュースを行う国内最大級のイン&アウトバウンドイベント「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2018 in SHIBUYA」において、日本ペイントHDの「ROOMBLOOM」が2014年より取り組んできた社会貢献活動「HAPPY WALL PROJECT」を共同で実施致しました。

「HAPPY WALL PROJECT」は「ペイントで暮らしをもっとゆたかにしたい」という思いの元、「きれいにしたいけれどそのきっかけがない」「利用者のためにもっと雰囲気を明るくしたい」等の児童施設や福祉施設・学校などの施設からのニーズを受け、施設利用者と地元ボランティアの協力を得てペインティングを行い、「誰かのためにペイントする」という行為を通して人々をつなげていくプロジェクトです。

今回の「HAPPY WALL PROJECT」は、イベント開催エリアである裏原宿・キャットストリート沿いにある託児施設「ミライ∞LABO KIDS」で行われました。ROOMBLOOMペイントは揮発性有機化合物をほとんど含まず、低臭気で環境と身体に優しいペイントのため、小さい子どもがいる園内でも安心して作業ができることから、参加型のワークショップ形式で行われました。当日は、在園の子どもたちを中心に、渋谷区で活動しているダウン症や自閉症の子ども達を中心とした絵の教室「atelier A(アトリエ・エー)」のメンバー、そして日本ペイントHDやアソビシステムのスタッフ、そしてさらに、このプロジェクトに賛同しプロジェクトアンバサダーとなった、アソビシステム所属のモデル・アーティスト「三戸なつめ」も参加し、総勢25名が集まりました。そして「ミライ∞LABO KIDS」の「サーカスのように、一人一人の個性や才能をぐんぐん伸ばせる施設でありたい」という想いから、壁にサーカステントの絵をみんなで描くことになりました。

ROOMBLOOMが提案する暮らしに寄り添うオリジナルカラーは144色。それぞれのカラーに、暮らしの中にあるさまざまな気持ちを表現したストーリーと名前が付いており、事前にミライ∞LABO KIDSスタッフと三戸なつめが、「ALOHA!」「biscuit」「grass hopper」と名付けられた色をチョイスしました。園内に集まった子どもたちは、思い思いにローラーや筆を手に取り、大はしゃぎで初めてのペイント体験を楽しんでいました。そして園内の両サイドの白いままだった壁は、あたかも外で咲き誇る桜の花のような「little kiss」と名付けられた薄ピンクのカラーでペイントされ、まもなく卒園を迎える園児たちを祝福するような温かい空間となりました。同プロジェクトに参加した三戸なつめは、「子どもたちが園で落ち着いて楽しく過ごせるように、少しグレーがかった感じの落ち着いたパステルカラーを選びました。初めて壁にペイントをしたんですが、思ったよりも簡単にムラなく綺麗に塗ることができました。子どもたちとワイワイ一緒に塗れたのも、とても楽しかったです!」とコメントを寄せていました。

これからも、日本ペイントHDの「ROOMBLOOM」とアソビシステムは、子ども達がのびのびと過ごせる保育環境の整備の一助を担うため、「HAPPY WALL PROJECT」を通して子どもたちを想い、子育てについて考える地域のネットワーク作りに役立ちたいと考えています。

《HAPPY WALL PROJECTとは》
HAPPY WALL PROJECTは、「ペイントで暮らしをもっと豊かにしたい」という想いを日本中に広げていくため、2014年から日本ペイントホールディングス株式会社の「ROOMBLOOM」がスタートさせたプロジェクトです。
色を塗ると部屋の雰囲気は大きく変わります。でもそれだけではなく、みんなで一緒に塗ること、そのことにたくさんの気付きがあるのです。だれかのために塗ってみる、そんな気持ちが伝わって、幸せの輪が広がるのです。
地域のボランティアの方々と共に、品川区平塚児童センターの親子サロン、埼玉県のファミリーホーム(児童養護施設)、寝屋川市立石津小学校など、これまでに様々なニーズに応えながら、全国21ヶ所で展開しています。
Official Site: http://room-bloom.com/happy-wall-project/

《ROOMBLOOMとは》
ペイントをもっと身近にするために、2013年、女性だけのプロジェクトチームを結成して立ち上げたペイントブランド。「暮らしを考えるペイント」として、ペイントを単なるモノだけではなく、暮らしにどうつながっていけるのかを考えながら、インテリアに取り入れやすい色の開発から公共施設の内装塗り替えボランティアまで様々な活動を行っています。

Official Site: http://room-bloom.com
Instagram: https://www.instagram.com/roombloom_official/ (@roombloom_official)
Facebook: https://www.facebook.com/ROOMBLOOM.jp/

《三戸なつめプロフィール》
1990年2月20日生まれ。奈良県出身。2010年に読者モデルの活動を開始。
2013年セルフプロデュースブック「なつめさん」(学研)を発売。2015年中田ヤスタカプロデュースによる「前髪切りすぎた」でアーティストデビューを果たす。2016年には映画「パディントン」のジュディ役で日本語吹き替え声優として出演。2017年1stアルバム「なつめろ」をリリースし、全国9箇所でのワンマンライブツアーを開催。同年12月には、昔からの夢でもあった絵本「ムム」を発売し絵本作家デビュー。その他CMやバラエティ番組にも多数出演し、モデル・アーティスト・タレントとして活躍の幅を広げている。

公式WEBサイト: http://mito.asobisystem.com
Instagram: https://www.instagram.com/mito_natsume/

《ミライ∞LABO KIDSとは》
渋谷区神宮前という都会の真ん中にも関わらず、子ども達が走り回れる広々とした託児所。「0歳から100歳までの子どもたちの夢が叶う場所」をコンセプトに掲げ、「大人も子どももやりたいことや叶えたい夢を、自らの力で実現していけると信じられる社会を作ること」を信念に、16年4月より保育事業を開始。「サーカスのように、一人一人の個性や才能をぐんぐん伸ばせる施設でありたい」という想いから、子どもたち一人一人が夢を描き、実現するために仲間とともにミライを切り開いていけるようなプロジェクト学習を実施。どんなことにも挑戦できる意欲とやり遂げる力、何度失敗しても立ち上がれる強さを子どもたちにギフトするために。

会社HP http://www.mirai-labo8.com/
託児HP https://www.mirailabo-kids.com/

《atelier A(アトリエ・エー)とは》
atelier A(アトリエ・エー)は、ダウン症、自閉症のこどもたちを中心とした絵の教室。渋谷区の施設で月1回開かれているアトリエは、たくさんの才能と可能性を持ったこどもたちの笑顔と活気に満ち溢れています。スタッフはデザインやアートに関わる仕事をする方々が中心に集まり、一緒にたのしみながら、こどもたちが制作する環境作りをしています。限りなく自由に。こどもたちの心のおもむくままに。
こどもたちとスタッフが、おたがいに刺激しあい、友情を育み、それぞれに新しい発見をする場所として。年令や障がいの重度を問わず、たくさんの人との出会いを経験する機会として。atelier A(アトリエ・エー)は、軽やかに、開かれた活動をしていきたいと考えています。

公式 WEBサイト  http://atelier-a.petit.cc/

MORE IMAGES