「マーダーミステリーシアター『演技の代償』Replay」にゆうたろうが出演決定

「マーダーミステリーシアター『演技の代償』Replay」にゆうたろうが出演決定

「マーダーミステリーシアター『演技の代償』Replay」にゆうたろうが出演決定

JULY.1.2021

NEWS

7月17日に生配信される体験型ステージ「マーダーミステリーシアター『演技の代償』Replay」にゆうたろうの出演が決定しました。

「マーダーミステリーシアター」は、プレイヤーに􏰁それぞれ役が与えられ、その人物を演じながら殺人事件の真相を解き明かしていく、いま話題の体験型推理ゲーム。出演キャストのアドリブ演技によって物語の進行が激変する、先の読めない心理戦、「一生に一度しかプレイすることができないゲーム」が繰り広げられていくのが最大の見どころです。

全編アドリブで魅せる一発本番の即興演劇、ぜひご覧ください。

■マーダーミステリーシアター『演技の代償』Replay
配信日:2021年7月17日(土)14:00〜生配信
出演:大原優乃、小野塚勇人、綺咲愛里、佐野瑞樹、津田健次郎、ゆうたろう(敬称略)
総合演出:三木康一郎(映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』 『弱虫ペダル』)

<ストーリー>
演劇『鈍色のチョーカー』のプロデューサー・豊島万里は異例のロングランとなった東京公演の慰安も兼ねて、舞台の主要メンバーを北軽井沢の山中にある別荘へ招待する。集まったのは、主演女優の朝霧サキ、共演の京本まひる、同 じく共演した暁零士、脚本・演出家の辻岡恭子、朝霧と京本のマネージャー・梅崎歩、豊島が経営する劇場の管理人・桃谷雄 一郎、そして豊島の7人。二日目の夜、大雪に見舞われ孤立した別荘で主演女優が殺害された。外部への連絡手段も遮断さ れ、取り残された6人は全員が容疑者となり、真犯人を探しはじめる。

<チケット>
本公演 3,800円(公演時間約90分)
本公演+感想戦 5,800円(公演時間約110分)
早割:本公演+感想戦:5,200円(公演時間約110分)
感想戦のみ 2,300円(公演時間約20分)

チケット発売期間:7月31日(土)21:00まで
※早割チケットのみ7月11日(日)23:59まで
アーカイブ配信期間:7月31日(土)23:59まで(予定)
プラットフォーム:PWN(https://spwn.jp/

MORE IMAGES

RELATED POSTS

RELATED POSTS