エデュリーとの協働による保育園が4月開園、増田セバスチャンがプロデュース

エデュリーとの協働による保育園が4月開園、増田セバスチャンがプロデュース

エデュリーとの協働による保育園が4月開園、増田セバスチャンがプロデュース

APRIL.2.2020

NEWS

保育所事業の運営を行う株式会社Edulead(以下、エデュリー)が4月1日(水)、新たに未来のツリー保育園(東京・大田区)とアロウラ保育園(埼玉県・戸田市)の2園を開園。昨年4月に開園した未来のピース保育園(東京・渋谷区)に続き、アソビシステムが協働でその地域のカルチャーにこだわった保育園づくりを行っています。

未来のツリー保育園は前回に続き、アーティストでアートディレクターの増田セバスチャンがロゴ、キャラクター、モニュメントなどのビジュアルプロデュースを担当。生産緑地の地域でもある大田区から「環境・自然の大切さ」と、未来の担い手となる園児たちの一人一人の個性を育む「多様性」の2つのメッセージをカラフルな1本のツリーとクラス名称に使用する個性的なカラーの森の仲間たちで表現。施設内は高さ6.2メートルの巨大なツリーを中心に、まるでミュージアムのような空間づくりとなっています。
また、新たな試みとしてキャラクターだけでなくIOT化にも挑戦。ディープラーニングを使った自社開発のシステムを導入し、保育業界ではなかなかできていなかった保育士が子供たちを観察する記録をきちんとデータ化し、子供の発達・成長に必要な手法を本格的に検証していきます。

アロウラ保育園は、荒川とつながりが深い戸田市に開園。地域の象徴となる「水」への理解と愛着を持ってほしいと考え、「水と生きる」が施設のコンセプト。ユニークな施設名は、ラテン語のalo“(成長)”と“roller(大波)”を組み合わせた造語となっています。アソビシステムによるメインキャラクターには、「そらくん」と「ふうちゃん」の男の子と女の子。園児たちの憧れや身近な友達として役割を担います。今後、2人が登場するオリジナルの絵本を制作し、地域への理解をはじめ、園児一人一人の主体性や個性を育ていく取り組みをおこなっていきます。

現在、日本の保育業界は待機児童問題、保育士不足、地域住民とのトラブルなど様々な課題があり、エデュリーは保育園の位置づけを変えることが重要と捉えています。キャラクターは「この保育園があるから住みたい」「行きたい」「働きたい」と思えるような“地域のシンボル”となる園づくりを具現化しやすく、現場が主体性を持つ「世界にひとつだけの保育園」づくりを後押しする有益な手段となっています。
また、保育士の働く環境整備や子供たちの主体性を育む環境づくりとして、今年から当社が運営する保育園で保育業務のIOT化を図り、スマート保育の普及および保育の質向上を目指します。

■未来のツリー保育園
運営形態:東京都認可保育園
開園日:2020年4月1日
住所:東京都大田区西馬込2-21-3
定員:75名(0~5歳児)
対象年齢:生後57日から就学前
職員数:17名(保育士、調理師、事務員、非常勤は含まない)
開園時間:通常保育 月〜土曜日(7:00〜20:00)
休園日:日曜日・祝祭日・12月29日~1月3日までの年末年始

<増田セバスチャンコメント>
園内の中心にある吹き抜け階段エリアに立つメインモニュメントは「未来に向かって伸びる希望のツリー」「次世代が育てる新しい時代のツリー」である『未来のツリー』。各クラスのキャラクターはちょっと不思議な色をした、1人1人個性がある森の仲間たちです。この大きなツリーが子供たちの笑顔と個性を守れるように、みなさんで見守って欲しいと思っています。

■アロウラ保育園
運営形態:東京都認可保育園
開園日:2020年4月1日
住所:埼玉県戸田市本町4-11-6
定員:60名(0~5歳児)
対象年齢:生後57日から就学前
職員数:10名(保育士、調理師、事務員、非常勤は含まない)
開園時間:通常保育 月〜土曜日(7:00〜20:00)
休園日:日曜日・祝祭日・12月29日~1月3日までの年末年始

<アソビシステムコメント>
「そらくん」「ふうちゃん」をはじめ、キャラクターや風景など、朗らかなイラストをたくさん使用しています。「そらくん」と「ふうちゃん」のように、アロウラ保育園ですごす園児のみなさんも、お友達との関わりの楽しさや大切さ、季節や日々の移り変わりを感じながら、健やかに成長してほしいという願いが込められています。園内でお気に入りの場所やキャラクターを見つけて一緒に成長していただけたら嬉しいです。

MORE IMAGES

RELATED POSTS

RELATED POSTS