RAM RIDERが新レーベル「401」を設立、第一弾で約6年ぶりの本人ボーカルトラック「東京論」を配信

RAM RIDERが新レーベル「401」を設立、第一弾で約6年ぶりの本人ボーカルトラック「東京論」を配信

RAM RIDERが新レーベル「401」を設立、第一弾で約6年ぶりの本人ボーカルトラック「東京論」を配信

DECEMBER.13.2019

NEWS

国内外で活動するアーティスト/DJ/プロデューサー・RAM RIDERが、自由な作品やプロダクトアイデアそのものを発表する場となる新レーベル“401(読み:よんまるいち)”を設立。12月13日より第一弾として「東京論」を配信リリースしました。

本楽曲は、『「東京生まれ、東京育ち」から観た東京』という切り口でミドルテンポで鮮やかに彩ったポップチューン。TOKYO FMで放送中の『高橋みなみの「これから、何する?」』のテーマ曲として3年半に渡ってオンエアされ、プロデューサーとして数多くの楽曲を手掛けてきたRAM RIDER自身が歌う「ラジオボーイ」以来、約6年ぶりのボーカルトラックとなっています。
12月下旬に公開予定のミュージックビデオは、若干16歳の高校生クリエイター・マルルーン氏にRAM RIDERがSNSで直接依頼し、現代らしい出会いで監督として制作を担当。今回レーベル立ち上げに合わせ、本編に先駆けてティザー動画が公開されました。

また、レーベルのサポーターに提案するグッズは、オリジナルのウェアはもちろん、最新のガジェットや小物に詳しいRAM RIDERらしく、自身が「日常で使いたいもの」「持ち歩きたいもの」をテーマに制作予定。
「401」では、楽曲のリリースやグッズの販売だけでなく、RAM RIDERが想像する「こんな事があったら楽しいかも」を具現化する場所ということで、今後も様々な試みがスタートします。

さらに、12月28日(土)には本レーベルの立ち上げと忘年会を兼ねたイベントの開催が決定。RAM RIDERと親交の深いアーティストが出演予定です。

401オフィシャルサイト
https://401u.jp

<RAM RIDER 本人コメント>
“401”は音楽を中心にアーティストのアウトプットを様々な形にしてお届けするレーベルです。レーベル名の由来はWeb上で「認証されていないエラー」を示す“401 Unauthorized”とプライベートスタジオのルームナンバー「#401」から。誰かの認証や確認を通さずに自由な作品やアイデアを発表し、ダイレクトに発信する場所を築きます。
今のところ所属アーティストはレーベルヘッドでもあるRAM RIDERひとりですが、ソロ作品にとどまらず、様々なゲストとのコラボレーション作品なども発表していきます。
まずは久々の新曲となる「東京論」をよろしくおねがいします。

■ リリース情報
RAM RIDER New Digital Single「東京論」
発売日:2019年12月13日(金)
品番:DBR-401
1. 東京論
iTunes Store、レコチョクほか主要配信サイト、及び、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicなど主要定額制音楽ストリーミングサービスにて配信

■ イベント情報
「401 Year-end Party」
開催日:2019年12月28日(土)
時間:開場 14:00 / 終演 20:00 ※時間は予告なく変更になる可能性がございます
会場:PLUSTOKYO(https://plustyo.com/
料金:前売 2,500円 / 当日3,000円 ※共に入場時別途1D代
出演:RAM RIDER / nishi-ken/ FILTER SYSTEM/ TEMPURA KIDZ/ EVERYDAYS/ GAYSHA GALs and more…

iFLYER
https://iflyer.tv/event/322044/

MORE IMAGES

RELATED POSTS

RELATED POSTS