きゃりー、平成最後の日に京都・南座で「音ノ国ライブツアー」第二弾開催

きゃりー、平成最後の日に京都・南座で「音ノ国ライブツアー」第二弾開催

きゃりー、平成最後の日に京都・南座で「音ノ国ライブツアー」第二弾開催

MARCH.19.2019

NEWS

歌舞伎発祥の地で日本最古の歴史をもつ劇場・南座で『京都ミライマツリ2019』が今春開催。平成最後の日となる4月30日(火)、きゃりーぱみゅぱみゅが日本の伝統や歴史にゆかりのある場所で開催する「音ノ国ライブツアー2019」第二弾公演を開催することが発表されました。

今回のライブは、伝統の歌舞伎とコラボレーション。「見得」や「六方」など歌舞伎の演技を、ダンスや演出に取り入れたスペシャルライブをお届けします。本物の歌舞伎の伝統芸の本格指導を受け、きゃりーが初めて歌舞伎コラボに挑戦します。

同ライブが開催される南座新開場後初のライブフェス「音マツリ – OTOMATSUR I – 」には、m-flo & CAPSULE、神田松之丞、DAISHI DANCE & →Pia-no-jaC←などの出演も決定しています。

また、5月中旬からは、新開場した南座の新機構「客席フルフラット化」を活用した、昼と夜で演出の異なるお祭りを開催。昼は、南座内に歌舞伎の演出で使用する「本水」の装置をグレードアップした巨大な滝が出現し、NAKED Inc.(ネイキッド)によるプロジェクションマッピング=“滝ジェクションマッピング”を楽しめます。
夜は、滝前にDJブースが出現し、伝統と格式を感じる和の空間でクラブミュージックを楽しめる非日常空間に生まれ変わります。

各イベントの詳細や出演者は後日発表。

南座新開場記念『京都ミライマツリ2019』

<4月30日〜5月5日>
「音マツリ – OTOMATSURI – 」
4月30日(火・祝) 第一部・第二部:きゃりーぱみゅぱみゅ(音ノ国ライブツアー2019 第二弾)
5月3日(金・祝) 第一部:神田松之丞 第二部:m-flo & CAPSULE
5月4日(土・祝) 第二部:DAISHI DANCE & →Pia-no-jaC←and more
他、出演者や詳細は後日発表

<5月12日〜25日>
「昼マツリ」
開場時間:11:00~17:30 (予定)
入場料:全日程 大人 2,000円/子ども 1,000円

「夜マツリ」
開場時間:月〜木 18:30〜22:00/金土日 18:30~23:00(予定)
入場料:月〜木 一律 2,000円/金土日 一律 3,000円

主催・製作:松竹株式会社
制作:松竹株式会社、アソビシステム株式会社、株式会社ネイキッド ほか
後援:京都府、京都市、京都商工会議所、京都市観光協会、京都市交通局、京阪電気鉄道
宣伝協力:The Breakthrough Company GO

<南座とは>
日本最古の歴史と伝統をもつ劇場。歌舞伎発祥の地といわれる京都・四条河原で、400年を超えて歌舞伎をはじめとする多彩なジャンルのエンタテインメントを上演し続けています。1996年に「登録有形文化財」に登録、京都市の「歴史的意匠建造物」にも指定された南座は、昨年11月、2年9か月に及ぶ耐震補強改修工事を経て 新開場いたしました。歴史ある外観はそのままに、内装は一新。年間を通して幅広い文化を国内外へ発信する劇場へと新たに生まれ変わりました。
住所:京都市東山区四条大橋東詰
HP:https://www.shochiku.co.jp/play/theater/minamiza/

MORE IMAGES

RELATED POSTS

RELATED POSTS