Trilogies -Licaxxx- episode 2【Licaxxx】

Trilogies -Licaxxx- episode 2【Licaxxx】

12
FRI
NOV.

Trilogies -Licaxxx- episode 2【Licaxxx】

2021.11.12(FRI)
Open 22:00
at Contact Tokyo

Under 23 ¥1,000
Before 11PM ¥1,000
GH G Members ¥1,500
Advance ¥2,000
GH S Members ¥2,500
GH Members ¥2,500
Door ¥3,000
3day pass Ticket ¥4,000

Studio:
Yoshinori Hayashi (Smalltown Supersound | Going Good)
Frankie $ (House Not House)
Licaxxx

Contact:
Dr. Nishimura
Kazumichi Komatsu
Celter (Eclipse | haqua)
Sobriety
and more

重厚なベースやシンプルなアレンジメントなど、UKで発生したベース革命の第一波であり、ダンス・ミュージックの基本構造に歴史的な変革をもたらしたとも言えるブリープは、この日のStudio Xにおける重要なキーワードとなるであろう。ロンドンアンダーグラウンドレーベル〈GOING GOOD〉からのデビュー作以降、縛りなくオブスキュアなスタイルを貫き続け、カルト的人気を集めるYoshinori Hayashiが出演する。また、リバイバル要素から最新鋭までを合わせながらUKミュージックに情熱を注ぐHouse Not Houseのキーマン、Frankie $も登場。2010年代UKシーン代表格であるRandomerの来日公演ではLicaxxxと共にサポートするなど、日本とUKを繋ぐ重要な存在だ。ブリープ/レイヴ/ブレイクビーツの影響下にある現行シーンにおいて、間違いないアーティストが集う一夜となるであろう。
Contactフロアでは膨大な音楽知識とジャンル区分不可能なセットで意識を深く引き込むゾーンが発生する。言わずもがな悪魔の沼メンバーであるDr. Nishimuraは、異形のサイケデリック・ミュージックを提示する。過去にMadegg名義でLicaxxxと共にパーティMALを主催し、現在はサウンドアートを軸に様々な形でアーティスト活動を行うKomatsu Kazumichi、EclipseやExtreme House Terrorなどアグレッシブなパーティを遂行してきたCelter、LYL Radioにてレジデントを務めレフトフィールドな音楽を展開するSobrietyが出演する。まさに底なし沼なフロアが形成される。

詳細は【こちら】