maona
  • アソビシステムとウフル、IoTコンテンツ領域で業務提携

  • NEWS | Oct.03.2017

  • この度、アソビシステム株式会社と株式会社ウフルは、IoT(モノのインターネット)の領域において、キャラクターなどのコンテンツを含む共同でのIP開発、およびそれらより取得した権利のマネジメントにおいて事業提携いたします。



    第一弾の取り組みとして、新たに開発・考案したIoTキャラクター『NAONA』について、株式会社村田製作所にその包括的な使用権を提供し、製品プロモーションへ活用する契約を締結いたしました。


    なお、本キャラクターは10月3日(火)〜6日(金)に開催される「CEATEC JAPAN 2017」の村田製作所ブースに展示される「仮想センサプラットフォーム“NAONA”」のコーナーにて、初登場する予定です。また『NAONA』の着用するIoTスーツ「NERVE SUIT」は、他の様々なキャラクターなどとのコラボレーションを予定しております。


    今後アソビシステムとウフルは、本事業提携を通じて、国内外での様々な事業を共同で展開してまいります。


    参考)仮想センサプラットフォーム“NAONA” 9/27村田製作所発表:
    http://www.murata.com/ja-jp/about/newsroom/news/product/others/2017/0927


    ■株式会社ウフルについて(http://uhuru.co.jp
    株式会社ウフルは「テクノロジーと自由な発想で未来を創る」を企業理念に掲げ、インターネットによる革新的な製品とサービスによって顧客と社会の価値向上に貢献することを目指しています。IoT事業を核とし、エッジとクラウドをつなぐIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」を用いて、IoT領域で顧客のビジネスに変革をもたらし続けています。コンサルタント、エンジニアやクリエイターといった多彩な人材からなるチームにより、IoT事業を実現するために必要なプロフェッショナルサービスを、事業戦略・技術支援・コミュニケーション戦略などワンストップで提供し、お客様のビジネス創造に努めてまいります。

MORE IMAGES