moshifes_btob
  • もしもしにっぽんが発信するBtoBイベント「もしもしにっぽんシンポジウム」一部コンテンツと登壇者を発表!

  • NEWS | Nov.02.2016

  • 11月24日(木)~27日(日) 4日間、東京体育館にて開催される「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL」 。
    3回目となる今年は11月24日(木)・25日(金)を、「もしもしにっぽんシンポジウム2016 」と題し、東京体育館(サブアリーナ・会議室)を会場に、 あらゆる角度からインバウンド・アウトバウンドについて考える、企業を対象としたシンポジウムを初開催します。 世界で成功を収めている経営者をはじめ、文化人からクリエイター・ミュージシャン・タレントまで幅広いジャンルの著名人が集い、様々なテーマをもとに自ら 想いを熱く語るトークセッションを繰り広げる2日間です。
    今回 はシンポジウムのコンテンツと登壇者の一部を発表します。
    「東京」 と名が付くメディアが集い、改めて東京 について真剣に考える「東京メディアサミット2016」、観光立国を目指す日本の課題を、 世界からのゲストを知り尽くすトップリーダーが語る「世界が見るにっぽん、世界が訪れるにっぽん」、キャラクターがメディアとして発信するにっぽんの魅力と可能性を、初音ミク・キティちゃん・どーもくんの仕掛け人が語る「キャラクターが発信するにっぽん」等が決定。
    コンテンツの詳細・出演者はこちらをチェック→もしもしにっぽんシンポジウム2016


    また、「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス認定され、ハイファッションブランドとのコラボレーションも記憶に新しい日本発のキャラクター『パックマン』が、2020年に向けて新たな試みを日本からスタートさせ、記者発表会を本イベント内で実施します。 その他、多方面で活躍し、有料メールマガジン読者 1万数千人規模に達する堀江貴文氏、日本が世界に誇る伝統芸能「歌舞伎」 興行元でもあり、昭和62年 旧ソビエトを皮切りに海外公演 事務局を務める松竹株式会社 常務取締役 岡崎哲也氏も登壇が決定。


    2020年に向け、東京 、日本はどこへ向かっていくべきか。そして、発信すべき日本の魅力とは ―。


    「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL」ならではのトークテーマ のもと、様々なジャンルのトップランナー達が熱く語る、ここでしか見られない意外な組み合わせのトークセッションの 数々は必見です 。
    参加費 、前売り(11/23(水・祝)まで) 一般学生5,000円、一般 30,000円。
    オフィシャルHP(http://fes16.moshimoshi-nippon.jp/)から お申し込みください。


    ■Information
    申込方法
    ・イベントレジスト https://eventregist.com/e/moshimoshisymposium16


    主催:もしもしにっぽん運営事務局
    協力団体:東京国際ミュージックマーケット(TIMM)、THE BIG PARADE、​特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)、ジャパンショッピングツーリング協会(JSTO)、新ビジネスの集い(シンビジ)、Tech in Asia、BACKSTAGE、アソビシステム株式会社

MORE IMAGES